武昌深圳特快牽引機の韶山9G型が消えた

本日は久しぶりの深圳行き。
広州での業務が終わらないくせに、テトリス方式で仕事が消化せずひたすら積み重なっていくからちょっと嫌気がさしている。

しかし、さすがは深圳出張。あと1日事務所にいたら欝モード2倍増しだったが、今日その欝も半分は消化できた。あとはやる気を起こして周りに迷惑をかけないようにしないと。

そんで、今日和諧号に乗って深圳に入る前の手前にある車両基地をふと見たら、韶山8型が特快の25K車、Z特快の25T車を牽引したまま基地構内にパンタを下ろして停車をしている普段見慣れない光景があった。おかしいな、確か先日までは韶山9G型のはずと、通過するなんちゃって機関区を確認したら、韶山9G型が消えていた…。停車していたのはディーゼルの東風11型と東風4DK型のみ。

深圳の車両基地はなぜかヒエラルキー?があり、牽引機関車によっては、なんちゃって機務段におかれるか基地内でそのまま車両を連結したまま放置か、の2つにひとつ。

前者は韶山9G、東風11、東風4DK
後者は和諧D3C、和諧D1C、韶山8、東風4B

消えた韶山9G型は武漢局南段配属車だったが、地方へ転属になったのだろうか?
そういえば、呼和浩特局にも韶山9Gが2台入っているが、このうち1台は武漢局からの転属。
時速170キロの和諧D1Dが量産体制に入り、武漢局の準高速電気機関車の立場が危ういと思われたが、「ついに」来た感じがする。

韶山9G詣では広州からになってしまう。

今回の乗車距離は139キロ×2
私の乗車距離は41万4471キロです。


武昌深圳特快牽引機の韶山9G型が消えた」への2件のフィードバック

  1. dazhao

    T96とZ24は確か武漢局から広州局持ちに変更になってます。

    それにともなって牽引機もSS9GからSS8になってます。

  2. borgen 投稿作成者

    dazhaoさん、丁寧な解説ありがとうございます。
    そういえば、今年の半ばにこの2本の特快が広州持ちに変更されたのは聞きました。
    しかし、機関車も変えることはなかろうなんですよね。SS9Gファンとしては

コメントは停止中です。