月別アーカイブ: 2015年1月

Z108次を撮影

この日はお昼から深圳でお仕事があったのだが、ちょっと時間が空いたので撮り鉄へ。
いつもの人民公園近くの道路からだがこのごろ交通量が増えておっかなくて渡れない。
いつも閉鎖している歩道橋の完成を期待するしかない。
z108

Z108次だけ撮影してさっさと引き上げ。和諧1D+25T系の組合せでした。
和諧電気もカクカクした和諧3Dより韶山9Gのフォルムを受け継いだ和諧1Dの方が好ましい。

戻りは東莞駅までひたすら爆睡。そして家では10時間ほど爆睡です。

今回の乗車距離は139kmx2
私の乗車距離は45万7986kmです。

電車めがけて出撃

この日は朝は棠渓で撮り鉄、お昼から海珠区の琶醍で撮り鉄、夕方は買い物というスケジュールだった。
5 2
韶山8型には25K系客車がよく似合う。写真はT369次大連〜広州とT123次長春〜広州
1 7

撮り鉄は正直、期待はしていなかったが、広州〜ウルムチZ列車が韶山9G型、上海〜香港が和諧D1Dに置き換わっていたのはうれしかった。
4 6

あとは久しぶりに貨物列車のキャリアカーを発見。何だかんだ2時間はこの場で粘った。
3

最近は、余計な広告を貼る中途半端な列車が増えてきた。呼和浩特局のように全体ラッピングカーやってくれよ。

午後からは、海珠区の広州タワーまで出向き、琶醍のバーエリアに向かい広州有軌道電車を撮影。まだ試験運転期間中で、9時から16時45分まで運転だった。写真構図はまあまあだが、午前中取った方が良かったかも。
1_1 1_2 1_3
1_4 1_5 1_6
1_8 1_9 1_10
しばらく、2元の試乗切符を続けるのかもしれないが、相変わらず混んでいる。

東莞はやはり遠い

本日は東莞市の地位間に位置する日系企業へ訪問へ行ったが、そこが東莞駅(旧石龍駅から南に2kmほどの茶山)から車で30分以上離れた東莞中心部と中間の場所で、道路だけは立派だけど周りは何もないというお約束中国の田舎だった。ここで暮らすにはかなりの勇気がいる場所だ。広州東駅から東莞駅まで約27分ほどだが、そこから30分以上も要するとは何となく本末転倒を感じるが、そこが東莞の不便さを象徴している。

現在の東莞駅から虎門方面に抜ける電車を建設中だが完成まであと2年はかかりそうなので、しばらくこの辺へ行くには修行は終わらない。

いつも毎回気になるのが、広州東駅側から東莞駅前に着く手前で何故か経由すコンクリートのトンネル。あれは一体何の目的で設置したのだろうか? 元々山を削ってトンネルにしたのか、ゼロからトンネルにしたのか分からなかったが、あそこに電車の駅やデパードでもおっ建てるのだろうか?
!和諧東莞

そういや、広州東駅に到着したら、香港(九龍)〜上海間のZ100次の機関車が韶山8型から和諧D1Dに変わっていました。う〜ん、広東もいよいよ機関車世代交代の波が押し寄せてくるのか? 今週末確認いいかないと!

今回の乗車距離は63km×2
私の乗車距離は45万7708kmです。

今年は何も当たらなかった…

9日はとある新年会に参加するために深圳へ。金曜日だから、16時過ぎになると人が増えはじめたものの、16時半前に東駅に着いていたときは17時07分の広州東駅発の切符しか買えなかった。1本早い16時53分の広州駅発では広州駅からの乗客の数を想像し、ミイラ取りがミイラになることを恐れ、大人しく切符通りの列車に乗り込んだ。
さすがに30分近く発車なければ無座覚悟の乗客があとかとから乗り込んでくるため、通路までフル満員。それでも次の東莞駅ではだいぶ人が降りたため、同駅で乗車しても立ち席の人はいなかった。
深圳駅に入る手前の車両基地を確認したら本線と車両待機線の左右で線路のバラスト交換工事を行っていた。使わなくなった線路をリニューアルさせるのが目的だろうが、そのうち深圳駅発潮汕行きや厦門行きの動車組が発車し。そのための車両基地を作っているのかな? と余計な想像をしてしまう。機関区?では辛うじて東風11型を発見。まだ健在なのだろうか。

新年会では昨年ホテルのチケットが当たったこととは違い、スカ。非常に悲しい。

広州東駅に戻る手前の機務段では韶山8型5台以上と和諧D1Dが2台停まっていた。東風4型は広州駅方面の機務段なんだろうな。

今回の乗車距離は139kmx2
私の乗車距離は45万7582kmです。

豊台南信号所へ進撃

1月3日の午前中は北京の京滬線の豊台南信号所へ出撃。ここで内モンゴル方面へ行く機関車は豊台機関区から出てきた機関車と付け替える。
4-東風4D 8-和諧N5 後

5-Z282次
杭州〜呼和浩特のZ282次は豊台南までは韶山9型、豊台南から呼和浩特までは和諧D3D型が牽引。

14年12月25日より運行を開始した和諧D3D_1893号の毛沢東号を狙いにいった。
2-和諧D3D毛沢東号 1和諧D3D 比較。

北京は今では和諧がはびこっており、Z列車は和諧D1D型が牽引。これまで花形列車を牽引していた韶山9G型はT特快、快速、普快の牽引を行っている。北京〜上海の1461次は早くも緑皮車カラーに変更されていた。
9 T40 11-1461次 3-韶山9型

また、地図を見るとこの辺はデルタ地域となっており、京広線、豊沙線からの短絡線を使った貨物列車がこの地にやってくる。
6-和諧N5 4-東風4D

7-福州行き 10 和諧D3B 和諧D3C型と和諧D3B型の比較。

なお、毛沢東号はこの日は12時間に出庫だった。午後は北京駅そばでT1次を撮影しに行った。
12-毛沢東号 13-T1次

久しぶりに深圳往復

この日は久しぶりに深圳に出かける機会があった。
車窓で一番変化の大きかった出来事は、やはり和諧D1Dがどんどん配備されていることだろう。
しかし、他地域で姿を消した東風11(広州〜深圳西担当)が健在などオール和諧化まではもう少し時間がある。

今回の乗車距離は139km×2
私の乗車距離は45万7304kmです。

南広高鉄に乗車

1月X日
この日は広州に戻るため、朝7時発の南広高鉄を走るD3601次に乗車するため、南寧東駅までタクシーを飛ばした。
南寧駅前のホテルから南寧東駅まで大体12kmで38.1元の25分。人によっては「高い」という反応もあったが、チェックアウトが5時半だったので、公共バスが発車する前の足はタクシーしかないのだ。
1

南寧東駅は24番線ホームがあり、営業開始は6時から。
面倒臭いボディチェックを受けたあと、駅に入るがお店は食料品を売っている店舗しか空いていなかった。
2

発車15分前から改札を開始。車両はCRH2だが、第3世代っぽい感じ。先頭車両には小窓が付いている。一等席は1号車でそれ以外は5号車がビュッフェ車、それ以外はすべて二等席の編成となる。
4 3

切符は年明けにはほぼ売り切れの状態が続いたが、一等席は発車当日発売するお約束の「切符発売制限」をかけているため始発便はどうやって購入できるのかついに分からなかった。

同路線は、13年末最初に南寧東〜梧州南間が開業したあと、14年12月26日に広州南まで全線開業。今のところ、1日16本あるが、1編成8両の動車組が多いため、あという間に満席御礼だ。
そんなわけで、CRH2を重連の16両編成にしない限り、「一票難求」は解消されないだろう。

南広高鉄は、南寧東から黎塘西までは、柳南高鉄と並走。黎塘西から貴港北までは黎湛線と並走するがそれ以降は独自の線路に入る。D3601次は、貴港、平南南、藤県、梧州南、郁南に停車後広州南駅まではノンストップだが、途中速度ダウンがあるため、563kmでも4時間ほどかかってしまう。

当日は天気が悪く、沿線景色は良くなかった。
肇慶付近から、貴陽からくる貴広高鉄と並走。11時ジャストに広州南駅に到着した。

今回の乗車距離は563km
私の乗車距離は45万7026kmです。

Z285次に乗車

今回乗車した列車は、Z285次。この列車は14年7月に25T系客車を使用したT285次として登場。当初は軟臥と硬臥の編成のみだった。
1 3 5

12月10日のダイヤ改正の際、TからZに昇格。これまで使用した車両をZ5/6次に譲り、11月に南京で製造した車両を新たに使用。新型車両は国の政策により緑皮車へと塗装された。

現在は、硬臥(1、3〜9)+軟臥(10〜13)+食堂車(14)+硬座(15〜19)という編成。
出発から終点まで和諧D3Dが機関車交代なしで牽引する。最近は軟臥車の隣の硬臥車はバリアフリー仕様のトイレとなっている。またトイレから窓はなくなった。
2 4

北京西駅の改札時間は発車45分以上前からはじまっていた。乗車車両は10号車。ちょうど硬臥から軟臥に変わった位置だ。北京では17時過ぎにはすでに日が暮れはじめている。

列車は北京を発車したが先が詰まっているのか1時間ほどノロノロ運転。それでも途中は時速150km越え表示するなどかなり飛ばしている。夕食は吉野家で買っておいたのを食べた。後ほど食堂車へ行ったが、メニューは7種類、米は大2元、小1元だった。米は水っぽくおいしくない。
6 衡陽 7 桂林北 IMG_5866

翌朝まともに起きたのは長沙駅。20分ほど遅れていたが特に心配していなかった。

衡陽駅からは新しく建設した衡柳線を経由して永州、桂林北、柳州に停車。この区間は複々線となっており、旅客と貨物は分離。高速鉄道、動車組も同じ路線で走る。途中、黄腊、鹿寨北、南寧東で動車組に抜かされた。
8 カルスト地形1 9 黄腊 10 鹿寨北

桂林から柳州間はカルスト地形が続くため、奇峰がニョキニョキ。天気がよくなかったため、霞んで見えた。柳州〜南寧間も複々線。3回ほど並走する貨物列車を抜いた。
12 南寧東_1

12月26日に開業した南広高鉄により南寧東駅が開業。同時にZ列車とT特快もこの駅に停車するようになった。この駅はホームが24本ある。広州南行きの高鉄は一部は南寧駅から発車するがほとんどはこの東駅から発車。距離は11km。
13 南寧東_2 14_南寧_1 15 南寧_2

17時20分に23時間30分かけて南寧駅に到着。主役が南寧東駅に移りつつあるとはいえ、長距離列車の始発駅は同駅だが、駅を一部改装工事をしていた。駅に入るときも切符を買いにいくときも身分証提示と厳重なボディチェックを受けなければ駅に入れないし切符も買えない。南寧駅は駅テロあったっけ?

今回の乗車距離は2495km。
私の乗車距離は45万6463kmです。

春運限定:寝台動車組乗車速報

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

早速ですが、1月2日に広州南から北京西までD924次のCRH2Eに乗ってきました。
2298kmのところを11時間7分。途中の速度表示は244kmでしたので、かなり速くなっていますね。車両は北京鉄路局石家庄客運段でした。

広州南からは軽食が出ました。途中で長沙南に停車しましたが、この駅からかなり人が乗車してきました。武漢と鄭州東は客扱いを行っていませんでしたが、10分ほど停車していた記憶があります。

今回の乗車距離は2298km。
私の乗車距離は45万3968kmです。