馬鞍山の鉱山鉄道を見学

5月2日午前。さて、馬鞍山到着後、街の南東にある鉱山に向けて移動を開始。中国でも貴重な鉱山鉄道見学ツアーのはじまりである。最大の露天鉱といえばかつては撫順だったが、生産を縮小している。
はいらーある氏からいただいた地図データを便りに移動した。当日は3路のバスで石山公園まで行き、そこから23路の乗り換え終点の南山鉱で下車。雨が激しくなってきている。花果山ホームには屋根が付いているが、豪雨から身をかばう作りではない。
3 7

バスを降りて200m近く前に進むと、鉱山から国鉄に繫がる線路があり、東風5が貨物を牽引して本線真で運ぶ光景が見られる。この踏み切りを越えた際、道が二又に分かれ、左に行くと途中線路から離れるが、ヤードに行き、右に行くと鉱山鉄道の花果山駅に出る。線路幅は中国鉄道と同じ標準軌。露天鉱へのアクセスは、南山鉱から踏み切りを越えた際、左へ行く道を行けばいいが、バスがないためタクシー利用となる。

激しい雨の中、右に行ったらたまたま鉱山の通勤列車が推進運転で戻ってきた。客車にヘッドライトを特殊改造を施した25B系客車3両にクロコダイルと呼ばれる凸型電気機関車が付いていた。妻戸にはご丁寧に「馬鋼集団、南山鉱業公司」という所属まで入っている。通勤列車は朝と15時と19時の1日3本運行しており、ズリ捨て山方面の69米駅まで向かう。距離換算で3〜4kmといったところか?
6 5 4 4_3 4_2 8 26

雨が強くなってきたため、心の折れた我々は南山鉱まで戻り朝食を摂り雨足が弱まるまで待つ。
1時間過ぎてようやく雨足が弱まり、近くを走っていたタクシーを3時間150元で貸切り線路沿いに走らせた。大型トラックが頻繁に走っているため道は悪い。南側にもかつて露天鉱はあり、線路も延びていた。
9 10

ほぼ空っぽの最初車両段の近くで降りて列車を待っていたら、別の方角から貨物列車が通過。どうやら地図西の双松というところに工場があり、鉱物をそこで精製するのか。途中から道がなくなるため、線路の上を歩き、約1km先のヤードに出くわす。ここでも丘の上に精製工場があり、ここでも貨物列車が頻繁にやってくる。線路では4本。行きは機関車が先頭に立ち、戻りは推進運転でやってくる。大体5〜10分に1本のペースでくるため、写真撮影には困らない。雨がやんだ。
クロコダイル機関車はカッコいい。無骨でガッシリした体格は鉱山貨物牽引にふさわしいあるべき姿を物語っている。それにしてもこれだけ貨物列車がガチャガチャ音を立てながら行き来す現場はいつ行っても楽しい。しかも所謂B級鉄道と呼ばれる鉱山鉄道ならなおさら興奮もする。
11 12 13 14 15 16

ヤードへ行き、4本停まっていた貨物を撮影したあとはタクシーを止めた場所まで戻り、いよいよ凹山露天鉱まで車を飛ばす。
17 18

南山鉱から露天鉱までは約6km先。露天鉱ではきちんと観光できる展望台があり、そこから巨大なアリ地獄の底まで見渡せる迫力ある光景が目の前に広がる。不幸にも天候が良くないため、一番対角の場所はやや霞んでいた。地の底を見には、露天鉱で採れた鉄鉱石を大型クレーンで貨車に積む光景が3カ所ほど同時進行で行っていた。展望台横の線路に鉱山へ向かうカラの無蓋車の貨物列車が奥へと消えた。貨物列車は途中何カ所かのスイッチバックを使いながら鉱山の下層下層へと降りていく。半周ごとに線路が敷かれており、バックするときは推進運転。
19 20 21 22 23 24 25

お昼になると貨車への積み込み作業も停止してしまう。本線でも貨物は動いていなかった。
鉱山からそのまま市内まで戻った我々は、呉の朱然とその一族の墓を見学後、南京に戻った。
高速バスを利用したが、終点駅は高鉄の南京南駅で、南京駅に戻るにはさらに地下鉄を使わざるを得なかった。
27