久しぶりに棠渓に出撃、7月31日

この日は平日だったけど、代休をいただき朝から棠渓に出撃。久しく棠渓に撮り鉄に出かけていなかったため、何時に何の列車が来るのか忘れていた。撮り鉄をする際必要な情報は列車の遅延。5月20日以降華鉄在線がまったく使い物にならなくなった代わりに、12306サイトの方でようやくアップル製品でも時刻表の遅延情報が分かるようになった。

さて、サボっている間に5月20日と7月1日のプチダイヤ改正が2回行われ、広東地域を除く地方では列車の新規追加や機関車の置き換えなどが進んでいますが、広東では相変わらず安定したダイヤが続いている。強いて言うなら緑皮車が完全に消滅(通勤車を除く)したことと、和諧D1Dがじわりと勢力を広げつつあることだろう。そういや韶山9G型は広州〜北京間のZ列車ではまだまだ主力機となっているが他の快速列車などでは見なくなった。やはり和諧の新型配備の影響はジワジワ広がっているのだろう。韶山8型は相変わらず快速とZ列車を中心に牽引している。

この日は朝から荷物車の運転があったようで、7時55分前後に棠渓を通過。しまった! と思ったら8時24分に帰って来た。まさか大朗で折り返してきた訳ではないと思うが、このポジションでのXL25Tの専用列車を撮るのは初めて。
荷物車2 荷物車_1

Z列車の25T系客車の緑塗装化が顕著のなか、ハルピン〜広州東を結ぶZ235次は緑皮車の上から白地の広告をぺたぺた貼るようになった。昨年末の全国での車両への広告掲載が解禁になったら、どこもかしこも美的を損なう広告を遠慮なく貼ってくれる。
Zハルピン

ウルムチ鉄路局のZ138次は緑に毒されていないが、青帯の下にボソボソ文字が入っている。
ウルムチ行き

Z35/36次(Z201/202次)、Z97/98次、Z99/100次は客車の緑化こそ進んでいるものの、広告に毒されてはいない。
z202 z99 z97 z35_1

久しぶりに見た作業車は、こちら側が撮っている線路に入庫するためにやって来た。これで大連〜広州のT369次が被られた。
作業用車 被られた

これまでの鬱憤を晴らすかのように撮っていたが、そういや鄭州〜広州のZ189次は見ていないなあ。貨物列車は東風4型が元気よく貨車を牽引していた。この超安定な景色はいつまで見続けることができるだろうか。
貨物_2 貨物_1