カテゴリー別アーカイブ: 香港直通列車

北京、上海、広州、肇慶発香港行き列車

清明節ラストは撮り鉄と寝台動車組

1カ月以上空いてしまったけど更新。
4月5日清明節のど真ん中の午前中はdazhao氏と羅先生一緒に北京郊外の広陽城の京広線での撮り鉄に出撃。最近北京も撮影スポットがどんどん少なくなり、京広線や京滬線は郊外まで足を伸ばさないと撮れなくなってきており、現地の鉄道ファンの苦労が忍ばれる。
今回は地下鉄9号線から良郷線を乗り継ぎ、広陽城駅まで遠征。ちなみに北京西駅からここまでざっと40分近くかかる。この駅近くにはショッピングモールがあるため、食料と水事情には困らないが、意外と駅から線路まで1.5km近く歩くため、夏場は傘が必須になる。ルートはショッピングモールを通過して長陽路を西に進めば、京広線の陸橋に出る。
1_Z49 2_Z35 3_T145 4_Z安康

ここでは、成都行きZ49次を撮影したのち、広州行きZ35次、南昌行きT145次、安康行き臨客Z列車、香港行きZ97次を撮影。快速は覚えていない。やはり、北京は広州行き列車を除き、特快列車とZ列車はほとんどが和諧D3D型が担当。かつて韶山7E型や韶山8型は影も形も見せず、面白みのない和諧D3D型と何とか持ちこたえている韶山9G型のツートップとなっている。K快速以下は和諧D3C型かときどき韶山8型という構成で、まだ韶山8型天国の広州がまともに見えてきている感じだ。
5_Z97

午後は北京西駅近くの蓮花池公園から撮影したが、架線柱が多く満足できる作品は撮れず無念の撤退。夜は広州南行きD909次で帰投。使用車両は北京方面はCRH2Eのみ。この時期、京滬線を走る寝台動車組の本数を減らしても、旅客が増える京広高鉄の増便に充てているため、中国鉄道総公司の寝台動車組にかける期待は大きい。2300kmを11時間切るダイヤは最高だ。食事はお約束の吉野家で済ませてしまったため、広州南、深圳北行き乗客のみに提供される軽食は翌朝まで取っておいた。
D909_2 D909_3 D909_1 D909_4 D909_5 D909_6

4月10日から軟臥下段の料金が1120元から900元に値下げしたのだが、清明節前に行って欲しかった。おそらく7月から曜日別と予約日別で料金の変動を行ってくるが、大幅に値上げてくるかは微妙。ただ、これまでは料金の週末を挟んだ週4日のみの運行だったが、毎日運行となれば平日の出張時にも飛行機から列車への選択肢は増える。5月の中旬から下旬にかけて、連日の集中豪雨で上海と広州方面のフライトは大幅なキャンセルと遅延が発生している。夜に発車、朝到着の寝台新幹線を使えることができれば、大事なビジネス面にて受ける影響は飛行機と比べて格段に少ないだろう。

今回の乗車距離は2298km。
私の乗車距離は46万3140kmです。

【撮り鉄】春節直前は天気がよくない

春節前は仕事が忙しくまったく撮りに行く時間を作れなかったが、仕事納め後はようやく撮りに行く時間を設けられた。2月17日の午前中と28日の午後に定番の棠渓へ行ってきた。

昨年の春節は1月末だったため、天気に関しては晴れていた記憶があるが、今年の天気は広東独特の湿気が強くなるシーズンに被るため、毎日の天気予報を見ているとあまりよろしくない。晴れていても、もやがかかっていたり、曇りになったりと撮り鉄条件は良くないが、春節前に撮っておかないと後悔するので、無理矢理撮りに行った。

17日は旧暦の12月30日、18日は大晦日に当る日なので、交通事情はガラガラ。行きも帰りもスイスイだが、肝心のバス運行も間引かれるので、1度乗り過ごすと悲惨な目に遭いそうな気がした。

1-z35
17日朝の北京西〜広州のZ35次。徐々に緑化が進んでいる。ちなみに、25T系の緑カラーはチベット鉄道とまったく同じ横2本。しかし、それ以外の客車の黄帯模様は25K系と同じデザインになっている。

2-z237 3-z237
ハルピン〜広州東間のZ237次の車両には変な広告が入るようになった。最近中国鉄路総公司は広告の権利を民間に開放したとかというニュースが流れてきているが、センスのないうざったい広告をぺたぺた車両に貼るから、編成そのものが汚く見える。

4 z189
ほぼオールグリーン化になりつつある鄭州〜広州のZ189次。

6--linshi 5--lvpiche
今回の撮影で1度だけ見た管内緑皮臨客のプッシュプル。東風4Bに牽引されて走る路用列車は健在。

8--z97 9  z99
日替わり香港行きの列車(Z97次左、Z99次右)は、上海発が和諧1D型に固定されつつある。

10--linshi---宜昌東 臨客2階建て列車。宜昌か襄陽〜広州だった。

11 t253 12-z201 13--k325
左から天津〜広州のT253次、北京西〜広州〜三亜行きZ201次、金温鉄路の温州〜広州のK325次。こちらは専用車両を使用しているため、ラッキーだった。

14---kamotsu 15--kamotsu2 18 kamotsu3
春運でも貨物列車は健在。広茂線が電化されない限り、緑亀こと東風4型は安泰だろう。

16---z36 17--z14
14年12月10日に発車変更されたZ36次(左)とZ14次の伊斯佳号(右)。
Z36次は広州駅を16時45分、Z14次は広州東を16時44分に発車。遅いZ14次が後発に回ることで、途中の追い抜きがなくなる?

電車めがけて出撃

この日は朝は棠渓で撮り鉄、お昼から海珠区の琶醍で撮り鉄、夕方は買い物というスケジュールだった。
5 2
韶山8型には25K系客車がよく似合う。写真はT369次大連〜広州とT123次長春〜広州
1 7

撮り鉄は正直、期待はしていなかったが、広州〜ウルムチZ列車が韶山9G型、上海〜香港が和諧D1Dに置き換わっていたのはうれしかった。
4 6

あとは久しぶりに貨物列車のキャリアカーを発見。何だかんだ2時間はこの場で粘った。
3

最近は、余計な広告を貼る中途半端な列車が増えてきた。呼和浩特局のように全体ラッピングカーやってくれよ。

午後からは、海珠区の広州タワーまで出向き、琶醍のバーエリアに向かい広州有軌道電車を撮影。まだ試験運転期間中で、9時から16時45分まで運転だった。写真構図はまあまあだが、午前中取った方が良かったかも。
1_1 1_2 1_3
1_4 1_5 1_6
1_8 1_9 1_10
しばらく、2元の試乗切符を続けるのかもしれないが、相変わらず混んでいる。

東莞はやはり遠い

本日は東莞市の地位間に位置する日系企業へ訪問へ行ったが、そこが東莞駅(旧石龍駅から南に2kmほどの茶山)から車で30分以上離れた東莞中心部と中間の場所で、道路だけは立派だけど周りは何もないというお約束中国の田舎だった。ここで暮らすにはかなりの勇気がいる場所だ。広州東駅から東莞駅まで約27分ほどだが、そこから30分以上も要するとは何となく本末転倒を感じるが、そこが東莞の不便さを象徴している。

現在の東莞駅から虎門方面に抜ける電車を建設中だが完成まであと2年はかかりそうなので、しばらくこの辺へ行くには修行は終わらない。

いつも毎回気になるのが、広州東駅側から東莞駅前に着く手前で何故か経由すコンクリートのトンネル。あれは一体何の目的で設置したのだろうか? 元々山を削ってトンネルにしたのか、ゼロからトンネルにしたのか分からなかったが、あそこに電車の駅やデパードでもおっ建てるのだろうか?
!和諧東莞

そういや、広州東駅に到着したら、香港(九龍)〜上海間のZ100次の機関車が韶山8型から和諧D1Dに変わっていました。う〜ん、広東もいよいよ機関車世代交代の波が押し寄せてくるのか? 今週末確認いいかないと!

今回の乗車距離は63km×2
私の乗車距離は45万7708kmです。

8月最初の撮り鉄

最近、ブログを含むすべての投稿を放置プレイしていたので、これはアカンと思い久しぶりに投稿する。

本日午後は広州東郊外にある黄埔 区の撮り鉄スポットに出撃。バスを使うと4元で済むリズーナブルな交通事情だが、如何せん時間がかるため、現場に着いたときは最初に撮影するT161次青島行きがもうじき来るところだった。機関車は7月1日前から和諧D1Dを使用しており、7月1日ダイヤ改正以降目立った動きがない広東省内では、こちらが唯一変更になった鴨。
t159

お次ぎは香港直通Ktt。通常機関車を前後に連結したプッシュプル運行だが、先日深圳行く途中確認したら、片側のメンテナンスのためか機関車が欠落しており、本日も同じパターンだった。それでも赤が正面なのでいい。
ktt

次に香港から来る25T系の客車を狙いに反対側へ移ったら直通車は遅れており、その間、東風11型0008号の鄧小平号が牽引する快速と、緑亀牽引の貨物がやってきた。
df11_0008 df4_7580

その後、元居た場所に戻り、待ち構えていたら梅州行きT8379次が和諧電気+旧香港直通客車の編成で登場。この機関車はおそらく京九線の龍川まで牽引なのだろうが、広東地域で見られた東風4Dや東風4DKが一気に駆逐されたようである。
t8379

最後にやってきた香港からのT818次。
原因は分からないけど、とにかくこの遅延のおかげで、ほかの列車と被らずに済んだ。
t818

撮り鉄は待ち時間が長いくせに撮影のタイミングは一瞬だから気が抜けない。今回香港からの直通列車が遅れたおかげで4枚無事に撮影できた(本来は青島行き、Ktt、梅州行きが撮れればよしとしていた)。

清明節撮り

今年の清明節は、引越の影響による金欠と雨続き予報だったため、敢えてどこにも行かないで広州引き蘢り生活を送っていた。コストをかけずなおかつ自分の趣味に合った行動といえば撮り鉄。ということで懲りずにまたまた棠渓と本日は広州西駅方面にも足を伸ばした。

t256_1 t16_1
まずは清明節より1週間前の棠渓。このときは晴れていて、T256次とT16次をゲット。

続いて4月5日の午前中は棠渓へ。
t123 T123次、長春〜広州
t97 T97次、北京西〜紅磡
t202 T202次 三亜〜北京西
df5 トッポウ野郎引き込み線

本命の4月7日。この日は225路の機務段行きのバスに乗って、機務段手前のバス停で下りて、広三線を経由する列車を撮影。
k365 K365次 広州〜昆明
k512 K512次 海口〜上海南。東風11Gが広州で走っているのはこの区間
df4_1 広三線、三茂線などを経由して恐らく南寧か湛江へ行くコンテナ専用列車
t804 紅磡〜肇慶を結ぶT804次

午後は再び棠渓。メインは特快
t253 T253次、天津〜広州
t256_2 T256次、広州〜鄭州
t14 T14次、広州東〜瀋陽北
t98 戻る途中に電子塔でT98次をゲット

恐らく本日は5キロぐらいは歩いただろう。

緑皮車ランデブーと専運車をゲット

本日も天候は良くなかったが、来週、再来週と撮りに行けなくなる可能性が出てきたため、無理矢理ねじ込むような形で棠渓まで撮りに行った。この時期といえば、やはり緑皮車の百鬼夜行やあり得ない編成の臨客、そして大物が北京へ帰るための専用車が走ることで、多少の寒さも我慢できる。
エクステンダーの使い道は、昨日行った場所の陸橋の隙間狙いで、これなら列車を団子状に撮れるのだ。

今朝は市郊列車を撮影後…。
1

懐化からきたプシュプル緑皮車を撮影。
2 3

次は何と緑皮車のランデブー走行!!。片方は広州西止まり。本日の鉄引力其の1。
4

その後、海南島からのT202次を待ちつつ、来たのは和諧牽引の無蓋貨物列車。
5

鄭州からのT255次を撮影後は、T202次を迎撃。
6 7

貨物列車長いなー。1kmはあるんじゃないか??また、広州西行き臨客がきた。
8 9

先ほどの緑皮車は折り返しで懐化へと戻って行った。それでも懐化まで15時間もかかる。
10

何と先にT99次がやってきた。牽引機も同じ99番。その次に来た列車がT97次。午前はここで終わり。
11 12

午後は15時前に棠渓に戻る。のっけから緑皮車、この日は7〜8便緑皮編成を見ました。
13

広東でここまで長いタンク車編成を見たのは初めて。
18

宜昌東〜広州の25Kで4両の軟臥を使用した臨客に遭遇。これ2010年のときも見た気がする。
19

なぜか側線からあらわれた海南島三亜行きT201次。
14

鄭州に戻るT256次。
15

そして、16時過ぎに3にnの考案がゾロゾロやってきた。何か来るなと思ったら…、キターT16次専運車ぶら下げ編成!お世辞にも機関車は奇麗とはいわないけど、緑皮車色の荷物車といい、編成のカラーバランスが整っているざます。本日の鉄引力其の2。
16 17
今日の撮り鉄はここまで。

元宵節後の撮り鉄

何事も起こらなかった金曜日の2月14日は中国の元宵節。その翌日は土日となり第2のUターンラッシュの時期でもあった。

ちなみに、広州の天候は9日辺りから気温が急激に低下しほとんど雨か曇り。朝布団から出られないほど寒い日が続いた。今朝もようやく布団から抜け出し雨が降っていないことを確かめて出撃した。

今回日本で購入したエクステンダー×2を使用。単純に距離が倍になるわけだから、今まで歯がゆい思いをしていた撮り鉄スポットにようやく明るい兆しが見え始めた。
1

エクステンダー使用前と使用後。
見てこのアップの違い。画素が粗いとか、細かいことはいいんだよ。
2 3

まず、適当に撮ったあと、緑亀+緑皮車のローカル列車が登場。
4 16

続いて、衡陽〜深圳の緑皮車がやってきた。
5

続いて、ハルピン〜広州東。
6

この臨客は広州西〜利川。
7

ゴミを担いだオジさんが線路の上を歩いてきた。
8

T202次の広州発のダイヤはいつの間にか早くなっていた。
9

作業員をデッキに載せて棠渓の引き込み貨物駅に向かう東風5。
10

煙台行きだったかな?
11

T97次、北京西〜香港行き。こちらはT99次、上海〜広州東止まり。
12 14

T123次、長春〜広州。
13

そして、本日の目玉のプッシュプル。
15
広州鉄路集団公司では毎年春節になると、管内の臨客に対してプッシュプル運行を実施。駅到着後、車庫へ入れずそのまま折り返し運転を行う。この列車は懐化〜広州。夜も別のプッシュプル臨客を見た。

明日も撮りに行きたいけど、天候の方はどうなるのか?もうその結果次第で決まる。

今朝は黄埔で撮り鉄

今朝はDさんと一緒に黄埔で朝撮りに出かけた。
天気は晴れマークなのにいまいち明るくない天候だった。

1
いきなり深圳行きの緑皮車がやってきました。この組み合わせは広東以外だとせいぜい東北か

2
貨物列車、くだり方面は空が多く、上り方面は石炭満載が多い

3
今さら来ても見向きもされなくなった和諧号

4
12月28日より登場した広州東〜長春行きのT83次。京九線経由。機関車が気になっていたが、DF11でほっとした。

5
春節向けの輸送量増加のために本日は9両編成のKtt。

6
太原〜深圳西の快速。13年夏ぐらいに延長した。

7
完全電化した京九線だから和諧電気が入って当然か。広州東〜合肥行き。

8
本日はT97次北京西〜香港便だった。

 

初撮りは棠渓と地下鉄6号線

2014年の初撮りは棠渓。
今朝から列車がたくさんやってきた、が一部の長距離列車では遅延が見られていた。

K9063次、銅仁〜深圳石

K9063次、銅仁〜深圳石

路用列車

T255次、鄭州〜広州

T255次、鄭州〜広州

T235次、哈尓濱〜広州東。車両が25T型になっていた

T235次、哈尓濱〜広州東。車両が25T型になっていた

5 6 7 8
その後貨物列車と香港/広州東行きがそれぞれやってきた。

T123次、長春〜広州

T123次、長春〜広州

10 11
バスで西村まで行き、そこから地下鉄5号線で坦尾駅へ。坦尾駅で撮影。
目的は地下鉄6号線の地上撮影。

12
昨年12月28日に開業した広州地下鉄6号線に乗って終点の潯峰崗まで行き、一度撮影。
6号線は4両しかなく3、4両号車の一部のロングシートを取り外してあるため、ガラガラ時でも座りたくても座れない。地上区間は潯峰崗〜横沙〜沙貝。屋根には使用していないパンタグラフがある。

横沙で撮影。大体3分に1本来るダイヤ。
13 14 15 16

6号線は終点の長湴まで24.5キロ。6号線の開通で、APM線を含めて広州の地下鉄総距離は260キロに達している。