広州発北京ホテル到着まで24時間

4月2日の午後から北京に向かうべく14時に広州を出発した。珠江新城からタクシーに乗り、約40分の63元。
広州南から長沙南まで高鉄に乗っていくが、数日前まではすべて一部の列車しか切符残席がなく、仕方なく汨羅東行きのチケットを買って途中を棄てて広州南で降りるか悩んだが、その後長沙南まで行くチケットをゲットできたためホッとした。切符は二等席で314元。汨羅東行きは349元だった。三連休2日前だというのに、広州南駅はかなり混んでおり、嫌な身分証とボディチェックを受けなければいけなかった。
IMG_6670

乗車するG6002次は深圳北〜広州南〜長沙南行きで、使用車両はCRH3、広州南発車後はノンストップだ。15時半に発車を発車、2時間22分という俊足で18時前には長沙南駅に到着。座る予定だった1号車のA座席にはすでに先客がいたが、その人が本来はC席だったので通路側のままで過ごした。広東省から湖南省にかけての沿線は、新緑が萌える季節だったせいか、普段よりもきれいだった。
1 2

長沙南駅から長沙駅までは14年4月末に開業した長沙地下鉄2号線で移動。7駅20分3元。
運行本数は8分に1本で、1編成6両編成。これができただけで、在来線駅と高鉄駅との行き来が随分楽になった。
IMG_6676 IMG_6674 4 3

長沙駅のマックで仕事をしながら時間を潰したあと、20時前に長沙駅に入る。かつては1階に軟席候車室があったはずだが、今は商務候車室に改装されており、軟臥客は10元取られた。入り口に毛沢東の石像が建っており、奥に行くと幾つもの待合室が用意されていて、乗客は好きな場所で休憩を取ることができた。Wifiもあるが、サーバーにアクセスできない。
5

発車30分前にT2次改札のアナウンスが始まり、地下から地上のホームへ向かっていく。中国の地方駅は小高い丘の上に造られていることがあり、乗客は設けられた一方通行のホームへの地下道を抜けてホームに上がる。こういう類いの駅は広州駅、ウルムチ駅、長沙駅などがある。

2番線ホームには久々に乗る25K系車が待っており、乗車する軟臥車のみは今後の客車の統一基準である緑色に塗られていた。軟臥車内は至ってオーソドックスな内容で、車内に電源はなし、Wifiが飛んでいたもののこちらもサーバーにアクセスできなかった。
IMG_6683 IMG_6686 IMG_6680
T1/2次は1975年9月29日に誕生した特快列車で戦後の中国鉄道60年史を鑑みれば、中期辺りの登場といえるが、当時は中ソ紛争と文化大革命の影響もあってか北京〜モスクワ間の1/2次列車が19/20次に変更され、栄えある1/2次列車は毛沢東出身の長沙と北京を結ぶ列車に宛てがわれた。

中高年以上人は、この列車が中国で一番早く登場した列車だと勘違いしている人も少なくなく、筆者が別の特快に乗車し、相部屋の中国人が私のことを鉄道ファンと見ると、「中国で一番早く登場した列車を知っている?」と2、3回ウンチクを聞かされたこともあった。

1998年のダイヤ改正から25K系客車を宛てがわれ、当時は北京行き花形列車として高級軟臥車も連結して運行していた同列車も04年のZ列車、12年のG高鉄といった中国鉄道の最新シンボルが登場するたびに廃れて行った感は否めないというのも、分かりやすい一例が乗務員の質である。高速鉄道なら品も格も揃った将来幹部候補のエリート揃いに対し、T2次の乗務員はふてぶてしい態度か、ひたすら携帯電話を弄り回しているか、そんな程度の寄せ集めだった。乗客目線からおいしいところは同じ区間を走る現在の花形列車に吸い上げられてしまっていると感じてしまうことは否めない。
7 6 10

それでも毛沢東出身地と北京とを結ぶ列車というブランドイメージを崩さないために、中国鉄路総公司は和諧3D型1898号の毛沢東号を始発から終点まで専用機関車といて14年末に配備したのである。1機しか配備できていないため、当然もう1列車には普通の和諧3D型が牽引することになるが、T2次は北京到着後は車両基地に搬送されずそのまま折り返し運転となるため、その際毛沢東号がすでに連結のため駅手前で待ち構えており、そこを撮影=狙えるということになる。

21時半にT2次は長沙駅を後にした。途中岳陽、武昌、鄭州と停車し、翌朝目が覚めたときは9時過ぎ邯鄲に停車する前だった。遅延はまったくなく、むしろ5分速く到着したため途中停車時間も5分延びたということだった。朝食は15元の辛い米線を食べた。
IMG_6700 IMG_6693 IMG_6692

その後、石家庄駅を発車後、列車は高速鉄道と並走する形で同じく地下に潜り、石家庄北近くで地上に出てくる。旧駅の場所は再開発をしているに違いない。

保定駅では27分間の停車。ここではZ56次、Z35次、Z286次に抜かされた。やはり毛沢東号牽引機だったとしてもそのヒエラルキーを覆すことは叶わず、半ば都落ち特快というイメージは避けられない。
9 8 12---z56 13

北京駅には定刻より3分早い14時16分に到着。ホーム手前の別線路では毛沢東号が停車していた。折り返しは15時25分の発車だ。
20 19 18 17 16 15 14__盧溝橋 IMG_6721

今回の乗車距離は707km+1593km。2300km。
私の乗車距離は46万842kmです。


1カ月ぶりに深圳へ

先週は約1カ月ぶりに深圳へ行く機会があった。
とはいえ、この1カ月間は大きな出来事が起こった期間でもあった。

まず、広深線のD列車がすべてC列車に変わったことだ。
IMG_6405
おそらく今後増えるであろう各都市間の高速鉄道が増えるにつれ、今ある列車番号が足りなくなることは十分予想できるため、動車組のDから都市間=城際のCを使用してくるだろう。料金や速度の変更は一切ない。

IMG_6404
また、広州東駅から汕頭方面にいく動車組が運行を開始したことだ。こちらは1日3便だが、12306を見ると、当日意外では切符には余裕があり、深圳駅から汕頭方面にいく動車組も登場するという情報もあるため、この方面へ行く機会も増えるだろう。広州東駅から3時間半。

こちらの乗り場は、広深線からの待合室ではなく、長距離列車の待合室を使うことになる。

IMG_6406
また、広州東駅で無線LANが使用できるという案内があったが、こちらは認証画面へ飛ぶまでかなり時間がかかったため、確認できなかった。

この日は、5日に行われた元宵節明けのUターンラッシュで、広深線も東莞、深圳方面にいく出稼ぎ労働者や学生たちが大勢乗り込んでおり、切符を買ってから乗車まで3時間近く待たされた。
戻りは、遅延があったせいか、広州東駅到着は23時半を回っていた。今月はあと2回ぐらいは深圳へ行くかも。
IMG_6409

今回の乗車距離は278km。
私の乗車距離は45万8542kmです。


【撮り鉄】嗚呼、上野駅(笑)

この日は用事で東京に出かけたついでに、3月14日に廃止となる東北線経由北海道札幌行き2大寝台列車を撮影するために、東十条と上野に寄った。

2大寝台列車のひとつ、カシオペアは16時20分に上野駅を発車。撮影しやすい場所に陣取る必要があったため、かねてから目を付けておいた東十条の外側から狙うことにした。しかし、同業者も私と同じことを考えていたため、すでにめぼしい場所は陣取られていた。見晴らしのいい場所は、東十条の駅から南に下った、架線柱が本線に入っていない踏み切り近く。同業者の一人に後から撮影することをお願いして許可をいただき、撮影に入った。望遠レンズを持っていって良かった。
1 2 3

来るまでは桃太郎やらE233系やらをずっと撮影し、ようやく「いぶし銀」というにはまだ若く、大人の事情で今年の春に運休が決まっているカシオペアがやってきた。こちらは大きな問題もなく撮影終了。東十条から京浜東北線に乗り上野駅へ向かった。
0_1 0_2

以前の記憶だと、北斗星はカシオペアが発車して1時間後の17時半ぐらいに上野駅を発車していた気がするんだが、いつの間にか時間を繰り下げて発車するようになったんだろう。19時だと外はすでに暗く、真夏でも光線が弱い時間帯に差し掛かり下りはよほどカメラの腕に自信がないと撮りづらくなっている。

発車1時間前に定位置となる13番ホームに行ったら、やはりここでも同業者がいた。しかも地べたに座り込んで何をやっているんだか! やがて、13番線と14番線は先頭の機関車が停車する場所からホームの先端までロープが張られ、撮り鉄同業者が線路に転落しないように処置を施した。これでは撮れないなあと早くも私は諦めモード(笑)。
0_3 0_4

18時44分、尾久車両基地から推進運行で北斗星が入線。車両とホームの黄色い線の間には安全を確保するため警備員がウロウロしている。これ通常運転日だから問題が起こらなかったけど、3月14日のファイナルランでは、同業者カメラのファインダーに少しでも警備員や車掌が入ると罵声大会となってしまうんだろうな。
4 5 6 7

ロープの外から皆さん手を出して機関車を激撮影。老若男女問わず隙間を空けることなくカメラを構える、あるいは駆け足で先頭機関車の元に走り寄りすかさず撮影するなどとにかく獰猛。大人しい日本人はどこへ行った? 正直皆さんの執念にビビった隊長は慌てて14番線ホームに移動。このホームには651系(旧スーパーひたち)の「スワローあかぎ」が停車していたけどが誰も見向きもしません(笑)。ネットで調べましたが、このスワローあかぎは料金が高いとかでかなりの不人気列車となっているのだった。でも使用している651系もあと20年経てば、それこそ葬式鉄として同業者がホームにカメラを構えてズラリと居並ぶことは想像に難くないかな。
0_5 0_6 8

北斗星はあと1回は撮影に臨む必要があると実感しています。


【日本蒸気】真岡鐵道に乗る

22日は栃木県の下館と茂木間(42km)を結ぶ真岡鐵道の蒸気機関車を見に行ってきました。
0_1 0_2 0_3 1 2 3
●蒸気機関車の列車は真岡からDE10に牽引されて、下館に到着。一度留置線に移動し、通常の列車が発車後、DE10は切り離されて蒸気機関車と客車がホームに戻る。

かつては国鉄だった真岡線も20数年前には第三セクターとし て転落。沿線活性化と街おこしのために20年前から蒸気機関車を導入して週末にかけて運行しているようです。
真岡鐵道の蒸気機関車ツアーでは当然多くの人 たちが、この機関車目当てに乗ってきたり、沿線では三脚だけで雑木林が生まれたりと活気を呈しているのですが、沿線の人たちは皆さん笑顔で手を振ってくれ ます。昨年の夏大井川鐵道でも似たような光景を見てきましたが、真岡鐵道では2年前ぐらいからはじめた「蒸気機関車に向かってみんなで手を振ろう」という 啓蒙キャンペーンを続けているため、乗客も沿線の地元民、観光客もお互いに気持ちよく手を振っていました。
2 4 5 6 7 8 9
●50系客車の車内は栃木の特産地、イチゴの飾りがたくさん飾られていた。車内販売もあり、当然朝からビール。途中の真岡で9分間の停車。終点の茂木駅で転車台を回し、蒸気機関車の方向転換を行う。3号車に床下タンクのトイレがある。

10 11 12 13 14
●地元で行われた手を振ろうキャンペーン。笑顔で手を振られれば気持ちよくなります。

終点の茂木駅は地元の旅行社が中心となって、お 昼の蒸気到着から14時26分に発車するまでの間、折角茂木に来たのに不案内だとお客さんをガッカリさせることを心配して、レストラン地図と観光地マップ や手弁当を作成。乗客に配り(あるいは弁当を販売することで)、食事にありつけれるように配慮をしてくれているこの「おもてなしに」、中国のつっけんどん な共産式サービスに慣れた我々はいたく感激したのでした。気持ちよければ財布も緩みます(笑)。

15 16 17 18
●茂木駅ではひな壇がいくつか並んでいた。地元では吊るし雛が行われている。茂木は江戸時代細川藤孝の次男、細川興元が治めた。1986年に逆川から洪水が起こり、高さ2m近くまで水位が上がったと通り何本もの電柱に書き残されている。

天候は春一番が吹く日という予報のせいか、どんよりした曇り空でしたが、笑顔とマナーで歓迎してくれた茂木の商店の方や沿線撮りの観光客たちのおかげで、貴重な一日を体験することができたのです。


【撮り鉄】春節直前は天気がよくない

春節前は仕事が忙しくまったく撮りに行く時間を作れなかったが、仕事納め後はようやく撮りに行く時間を設けられた。2月17日の午前中と28日の午後に定番の棠渓へ行ってきた。

昨年の春節は1月末だったため、天気に関しては晴れていた記憶があるが、今年の天気は広東独特の湿気が強くなるシーズンに被るため、毎日の天気予報を見ているとあまりよろしくない。晴れていても、もやがかかっていたり、曇りになったりと撮り鉄条件は良くないが、春節前に撮っておかないと後悔するので、無理矢理撮りに行った。

17日は旧暦の12月30日、18日は大晦日に当る日なので、交通事情はガラガラ。行きも帰りもスイスイだが、肝心のバス運行も間引かれるので、1度乗り過ごすと悲惨な目に遭いそうな気がした。

1-z35
17日朝の北京西〜広州のZ35次。徐々に緑化が進んでいる。ちなみに、25T系の緑カラーはチベット鉄道とまったく同じ横2本。しかし、それ以外の客車の黄帯模様は25K系と同じデザインになっている。

2-z237 3-z237
ハルピン〜広州東間のZ237次の車両には変な広告が入るようになった。最近中国鉄路総公司は広告の権利を民間に開放したとかというニュースが流れてきているが、センスのないうざったい広告をぺたぺた車両に貼るから、編成そのものが汚く見える。

4 z189
ほぼオールグリーン化になりつつある鄭州〜広州のZ189次。

6--linshi 5--lvpiche
今回の撮影で1度だけ見た管内緑皮臨客のプッシュプル。東風4Bに牽引されて走る路用列車は健在。

8--z97 9  z99
日替わり香港行きの列車(Z97次左、Z99次右)は、上海発が和諧1D型に固定されつつある。

10--linshi---宜昌東 臨客2階建て列車。宜昌か襄陽〜広州だった。

11 t253 12-z201 13--k325
左から天津〜広州のT253次、北京西〜広州〜三亜行きZ201次、金温鉄路の温州〜広州のK325次。こちらは専用車両を使用しているため、ラッキーだった。

14---kamotsu 15--kamotsu2 18 kamotsu3
春運でも貨物列車は健在。広茂線が電化されない限り、緑亀こと東風4型は安泰だろう。

16---z36 17--z14
14年12月10日に発車変更されたZ36次(左)とZ14次の伊斯佳号(右)。
Z36次は広州駅を16時45分、Z14次は広州東を16時44分に発車。遅いZ14次が後発に回ることで、途中の追い抜きがなくなる?


Z108次を撮影

この日はお昼から深圳でお仕事があったのだが、ちょっと時間が空いたので撮り鉄へ。
いつもの人民公園近くの道路からだがこのごろ交通量が増えておっかなくて渡れない。
いつも閉鎖している歩道橋の完成を期待するしかない。
z108

Z108次だけ撮影してさっさと引き上げ。和諧1D+25T系の組合せでした。
和諧電気もカクカクした和諧3Dより韶山9Gのフォルムを受け継いだ和諧1Dの方が好ましい。

戻りは東莞駅までひたすら爆睡。そして家では10時間ほど爆睡です。

今回の乗車距離は139kmx2
私の乗車距離は45万7986kmです。


電車めがけて出撃

この日は朝は棠渓で撮り鉄、お昼から海珠区の琶醍で撮り鉄、夕方は買い物というスケジュールだった。
5 2
韶山8型には25K系客車がよく似合う。写真はT369次大連〜広州とT123次長春〜広州
1 7

撮り鉄は正直、期待はしていなかったが、広州〜ウルムチZ列車が韶山9G型、上海〜香港が和諧D1Dに置き換わっていたのはうれしかった。
4 6

あとは久しぶりに貨物列車のキャリアカーを発見。何だかんだ2時間はこの場で粘った。
3

最近は、余計な広告を貼る中途半端な列車が増えてきた。呼和浩特局のように全体ラッピングカーやってくれよ。

午後からは、海珠区の広州タワーまで出向き、琶醍のバーエリアに向かい広州有軌道電車を撮影。まだ試験運転期間中で、9時から16時45分まで運転だった。写真構図はまあまあだが、午前中取った方が良かったかも。
1_1 1_2 1_3
1_4 1_5 1_6
1_8 1_9 1_10
しばらく、2元の試乗切符を続けるのかもしれないが、相変わらず混んでいる。


東莞はやはり遠い

本日は東莞市の地位間に位置する日系企業へ訪問へ行ったが、そこが東莞駅(旧石龍駅から南に2kmほどの茶山)から車で30分以上離れた東莞中心部と中間の場所で、道路だけは立派だけど周りは何もないというお約束中国の田舎だった。ここで暮らすにはかなりの勇気がいる場所だ。広州東駅から東莞駅まで約27分ほどだが、そこから30分以上も要するとは何となく本末転倒を感じるが、そこが東莞の不便さを象徴している。

現在の東莞駅から虎門方面に抜ける電車を建設中だが完成まであと2年はかかりそうなので、しばらくこの辺へ行くには修行は終わらない。

いつも毎回気になるのが、広州東駅側から東莞駅前に着く手前で何故か経由すコンクリートのトンネル。あれは一体何の目的で設置したのだろうか? 元々山を削ってトンネルにしたのか、ゼロからトンネルにしたのか分からなかったが、あそこに電車の駅やデパードでもおっ建てるのだろうか?
!和諧東莞

そういや、広州東駅に到着したら、香港(九龍)〜上海間のZ100次の機関車が韶山8型から和諧D1Dに変わっていました。う〜ん、広東もいよいよ機関車世代交代の波が押し寄せてくるのか? 今週末確認いいかないと!

今回の乗車距離は63km×2
私の乗車距離は45万7708kmです。


今年は何も当たらなかった…

9日はとある新年会に参加するために深圳へ。金曜日だから、16時過ぎになると人が増えはじめたものの、16時半前に東駅に着いていたときは17時07分の広州東駅発の切符しか買えなかった。1本早い16時53分の広州駅発では広州駅からの乗客の数を想像し、ミイラ取りがミイラになることを恐れ、大人しく切符通りの列車に乗り込んだ。
さすがに30分近く発車なければ無座覚悟の乗客があとかとから乗り込んでくるため、通路までフル満員。それでも次の東莞駅ではだいぶ人が降りたため、同駅で乗車しても立ち席の人はいなかった。
深圳駅に入る手前の車両基地を確認したら本線と車両待機線の左右で線路のバラスト交換工事を行っていた。使わなくなった線路をリニューアルさせるのが目的だろうが、そのうち深圳駅発潮汕行きや厦門行きの動車組が発車し。そのための車両基地を作っているのかな? と余計な想像をしてしまう。機関区?では辛うじて東風11型を発見。まだ健在なのだろうか。

新年会では昨年ホテルのチケットが当たったこととは違い、スカ。非常に悲しい。

広州東駅に戻る手前の機務段では韶山8型5台以上と和諧D1Dが2台停まっていた。東風4型は広州駅方面の機務段なんだろうな。

今回の乗車距離は139kmx2
私の乗車距離は45万7582kmです。


豊台南信号所へ進撃

1月3日の午前中は北京の京滬線の豊台南信号所へ出撃。ここで内モンゴル方面へ行く機関車は豊台機関区から出てきた機関車と付け替える。
4-東風4D 8-和諧N5 後

5-Z282次
杭州〜呼和浩特のZ282次は豊台南までは韶山9型、豊台南から呼和浩特までは和諧D3D型が牽引。

14年12月25日より運行を開始した和諧D3D_1893号の毛沢東号を狙いにいった。
2-和諧D3D毛沢東号 1和諧D3D 比較。

北京は今では和諧がはびこっており、Z列車は和諧D1D型が牽引。これまで花形列車を牽引していた韶山9G型はT特快、快速、普快の牽引を行っている。北京〜上海の1461次は早くも緑皮車カラーに変更されていた。
9 T40 11-1461次 3-韶山9型

また、地図を見るとこの辺はデルタ地域となっており、京広線、豊沙線からの短絡線を使った貨物列車がこの地にやってくる。
6-和諧N5 4-東風4D

7-福州行き 10 和諧D3B 和諧D3C型と和諧D3B型の比較。

なお、毛沢東号はこの日は12時間に出庫だった。午後は北京駅そばでT1次を撮影しに行った。
12-毛沢東号 13-T1次